アルプスの風光にひかれて

アクセスカウンタ

zoom RSS 距離感

<<   作成日時 : 2005/03/30 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

住まいを構えたところは、伊那谷の傾斜地。
天竜川を基点とすると甲府側になる。
ここから下っていくと、2kimほどで天竜川に着く。
さらに進むと、木曽側の傾斜地にむかって登りに転ずる。
正面に面するのは、木曾駒ケ岳や空木岳などの
3000m級の中央アルプスの屏風である。

都会からこのひなびた地方に移って、
まず体験したのは、距離感の違い、大きさである。

中央アルプスの山並みまでの水平距離は、
地図で見るとだいたい14kmである。
10km以上の離れたものを眺めて暮らす生活は、都会にはない。

はじめは、とまどった。
山登りをする方なら、山頂に着いたときの
大きな景色とはるかな地平線を体験されるだろう。
そんな感じ。
街並みや家の向こう側に、遠い景色や山脈が
当たり前に聳えている。

その感覚に、次第に慣れてくると、
距離感のない都会の空間が、逆に変に感ずる。

高速バスで新宿から、この伊那谷に戻るとき、
両側にアルプスが見えてきて、谷に入ったなと感ずる。
この距離感に飢えていた自分に気づく。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
距離感 アルプスの風光にひかれて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる